オーダーメイド

白バラと指輪

婚約指輪のデザインが決まらないときには既成品の購入をするのではなく、オーダーメイドで指輪を制作することもできます。自分で一から決めることができるので人気があります。

この記事の続きを読む

使われる材質

和式結婚式

婚約指輪に使われている宝石はダイヤモンドが一般的ですが、その他にもパールやルビー、サファイヤなどを活用する人もいます。これらの宝石を使うことで見た目の印象を変えることができます。

この記事の続きを読む

リングの素材

花と指輪

婚約指輪に使われているリングの素材にはプラチナとゴールドがありますが、プラチナではダイヤモンドと相性がとても良いです。ゴールドは指輪としても使われますがネックレスやピアスなどの装飾品にも利用されています。

この記事の続きを読む

二人の愛の証

花嫁の手

結婚式は冠婚葬祭の中でも最大イベントの一つでもあるといえます。
人生にはいくつもの冠婚葬祭がありますが、お宮参りや入学式、成人式は成長をしていく上で必ず行なうイベント達です。
結婚式を挙げるためにはまず運命の人を探す必要があります。
自然に出会うこともできれば、人によっては婚活パーティーや合コンなどのイベントなどで出会うこともあるはずです。
二人で交際を重ねていくことでお互いについて知り合うことができます。
結婚する前には男性からプロポーズをすることが一般的になっており、プロポーズの際には婚約指輪が渡されます。
この指輪は結婚の約束の証という意味が込められているので、一生の宝物として大事に持っておくと良いです。
婚約指輪を購入する時には専門のジュエリー店に行く必要があります。
ジュエリー店では様々なデザインの指輪が販売されていますが、その中から宝石の素材や指輪のデザインを見て選ぶことが大切です。

婚約指輪に使われる宝石の素材は基本的にダイヤモンドが多いですが、現在ではこだわりを重視している人が多いことから誕生石や真珠などにする人も増えてきています。
ジュエリー専門店ではその人の予算に合わせて指輪を提案してくれるため、予算オーバーをすることなく指輪探しを行なうことができます。
昔は給料三ヶ月分の指輪という話が有名でしたが、現在婚約指輪の相場はそれよりも低くなっており、現在は約20万からとされています。